先生紹介

ただのリペアビジネスではない。魂をも磨き続け、さらに先へ「三輪先生」


この記事は10分で読めます


皆さんは「Repair(リペア)」という言葉を知っていますか?

repair

(…を)修繕する、修理する、訂正する、償う、賠償する、回復する

引用元:Weblio英和・和英辞典

修繕・修理をするという意味がある「Repair(リペア)」という言葉。

今日はこのリペアをビジネスにしている「三輪先生」をご紹介します!

三輪先生が教えるのは、ただのリペアビジネスではありません。

信念でつながる経歴

三輪先生の経歴は一見バラバラな印象を受けますが、先生の想いを聞いていくと、実はその根底は「信念」で繋がっていることがわかります。

それでは、早速三輪先生の経歴をご紹介していきます!

ダンサーからヨガ・アーユルヴェーダへと

福岡出身の三輪先生。

6歳から始めたダンスに夢中になり、ダンサーを目指し踊ることに明け暮れていました。

そのため、高校卒業後は福岡県と東京都を行ったり来たりしており、NYに行って本格的に勉強をした経験もあるそうです。

20歳頃に自己啓発・スピリチュアルのあらゆる本を読むようになったことで、仕事について自問自答を繰り返すようになります。

「ダンスを踊ることがわたしの全てでしたが、ヨガに出会ってからは、ヨガを通して人に“豊かな心で生きること”を伝えたいと、なぜか一瞬で自分の使命のようなものを感じたんです」

こうしてダンスの次に興味をもったことはヨガ

約10年前にヨガを習得し、東京に来て人に教えるようになり、3年経った頃に独立。

白金台のお店のオープンと同時に妊娠

その後、白金台にアーユルヴェーダを開業。
しかし、お店のオープンと同時に妊娠。

「店舗の費用も払いながら、来月の家賃どうしようと考える日々でした。子供も預けないといけないし、健康とお金があることって幸せに関係するんだな、と思いました。」

お金があることは幸せに関係する

その経験から、お金について考えることはとても大事で、お金を教えることも大切だと気づきました。

そこでまず、取り組んだことがブランド転売

ブランド転売は「もともと高いブランド物の中古を仕入れて売る」というサイクルのため、どうしても仕入れ値が高くなる。

仕入れ値に利益を乗せて価格を設定するので、おのずと販売価格が高くなってしまい、高すぎると売れないということが起こる。

そんな中、たまたまレザーを修復する技術を知ることになった。

肉を食べない、レザーも使わない主義だった三輪先生にとっては、最初レザーを扱うことに抵抗があったそうです。

しかし、ブランドの意味や価値を知ることで、考え方に変化が起こります。

「シャネル、ヴィトン、エルメスとか、1個の商品が30年保つということを知り、気づいたんですよね。私はお肉を食べないけど、周りの人がお肉を全く食べなくなるということはないなって。だったら、その副産物として出る皮はうまく使った方が良いなって。」

「溢れかえっているいいものを回していった方が良いのではないか、って思うようになりました。納得したら、『本当にやりたい!』って思ったんです。」

こういったサステナブルな思いを子供に伝えていきたいと、先生は環境についての想いも語ってくれました。

「一人ひとりの健康も大切。でも地球の健康が第一。いくら子供にいいことをしてあげても、地球が危なければ、子供たちの生存も危ない。」

「(大人も)ゴミの問題をきちんと考えたりすることが大切。世の中でファストファッションなど、安いものが当たり前になっている。安いものは地球を破壊していることが多いんですよ。」

日本は経済成長が進んでいない。

その中でお金の稼ぐ方法も大切だけど、お金以外のものの価値も教えていく必要がある。

「(地球に)いいものを買うためにも、そのためのお金を得るためにも、ママたちはこういう環境を大切にする考えを大事にしてほしい。親の価値観がとても大切で、その価値観を子供にも教えて、本当に地球にも子供のためにもいいものを使うって大切だって思ってます。」

仕事に対しては、「やるからにはただ稼ぐためだけの副業ではなく、仕事ひとつひとつに信念をもって考え方に共感してやるべきである」と思っていたとき、レザー修復を教わる機会に巡り合います。

「趣味でレザー修復をしていた友人の自宅に遊びに行ったとき、バッグを修理しているところをたまたま見る機会があって、その時に一緒にさせてもらったんです。」

ここが先生のリペアビジネスの始まりでした。

「子育て」じゃない「親育て」

ママである三輪先生には大切なご家族がいらっしゃいます。

中でも2人の娘さんとのエピソードには三輪先生の想いや信念が根底に流れているように感じました。

自分でお金を作りだすことを背中で教える

「長女4歳の時、彼女の傘が壊れたから、『新しい傘欲しい』ってなったんですよね。その時、アナ雪(アナと雪の女王)が好きだったら、アナ雪の傘にしようってなったんです。Amazonの画面を見せて、『どれがいい?』って聞いたんです。」

その時の娘さんの返しが、さすが先生のお子様!という返し。

「4歳の娘は『どれが売れると思う?』って返してきたんですよ!」

4歳にして「物の価値を見極める」というスキルを母である三輪先生の背中を見て学んでいました。

言葉で教えることだけではなく、やはり親の考えは自然と子供に浸透していくものだと感じたエピソードでした。

「昭和生まれの我々は、高学歴・大企業が良いという考えでしたけど、今は違いますよね。我々の時代ではなくなっていく時代はすぐそこです。子供が働く時代は自分でお金を作り出す、という気持ちが大切だと思うんです。」

「『仕事っていくつもあるよ』って教えて、本当にしたい仕事を選んで、その仕事をするべきだと思っているし、そういう考え方を教えてあげたいと思ってます。」

娘から学ぶ精神性の高さ

また違った一面での、お子様とのエピソードもご紹介。

「娘が0歳でだっこひもだった頃に、何かにすごく悩んでいました。意思疎通できない年齢だけど、そっと手をのばして私の頭を撫でてくれたんですよね。ちょっとスピリチュアルな感じですね。」

「今の子供は魂が解放されていて精神性が高いんですよ。本当に尊敬します。だから、いかにその魂を保っていくかが、子育て世代の親の役割だと思ってます。こういう風にすると生きやすいよって教えて守ってあげる。そうすると、彼女・彼らがそのまま育つんですよ。」

我々大人は「地球やお金に関するルールを子供より少し知っているというだけ」という三輪先生の考え方があるからこそ、お子様を本当に尊敬している気持ちが伝わってきました。

「子育てって『親育て』なんですよね。」

と、三輪先生は子育てについて語ってくれました。

稼くためには覚悟が必要

時間は作るもの

「時間がないからできない」という考え方ではなく、「時間は作るもの」という考え方を持っている三輪先生。

「時間はないわけではないんですよ。私もブランドリペアは1日1時間で収入を得ていますし。分野によっては才能とかも影響も多少あるかもしれないけど、あとは覚悟でしかない、って思っています。」

時間を作るために必要なのは「覚悟」だといいます。

覚悟があるから悩みがない

「稼くことができないのは覚悟がないからだと思うんです。私も日々更新をしたり、仕入れ用の商品を見たりをしていますが、そこには覚悟があります。『これでやっていく』っていう覚悟があるから、もう生活の一部になっているんです。」

「利益を得ている仕事の中で、こっちが本業だから、こっちは後回しって考えもないです。全部が本業。全部に対してどれだけ覚悟をもって、時間をさこうとするかだと思います。」

覚悟を持って、全ての仕事に取り組んだ結果、悩みがなくなったといいます。

「覚悟ができたのは悩みがないこともあると思いますね。振り返ると悩みがあるときは、悩んでいるから時間がない。覚悟ができて、お金の不安がなくなると悩みがなくなる。」

お金の悩みについては、「利益をどれだけ上げるかではなく、利益を上げて、それをどう使うかが重要である」と、そこにも三輪先生の信念がありました。

「私は利益や給料が上がっても、いい家建てたい・いい車乗りたいって考えることはありません。なぜなら、遠い未来の安心・安定を得るためには、お金を運用していくことでしか安定は得られないって考えているからです。」

三輪先生は得た利益を投資に回しています。

リペアビジネスはブランド品を仕入れて修繕して転売していくというシステム上、「仕入れ」が発生する。

その「仕入れ」を楽天サイトから購入し、ポイントを得る。

そのポイントを投資に回し、「複利で資産が増えていく」という、未来の安心・安定へのサイクルを回している。

「そうすると、未来が安心ですよね。私の場合、『お金がなくなりました』『仕事がなくなりました』ってなっても、新しいノウハウを見つけて、またそれで食べていけると思うんですよね。そんな自覚があるので、何も困らないし、悩みもなくなりました。」


ここまで三輪先生の経歴やママとしての考え方、信念をご紹介してきました。

ここからはそんな三輪先生が教えるリペアビジネスが学べる講座内容をご紹介します!

講座内容

  • 講座期間:5ヶ月プログラム
  • 内容:動画受講&月1のZoomサポート会
    1. Facebookグループにご参加
    2. 都合のいいタイミングで動画を見て同時に実践する
    3. 細かい疑問をZoomにてお話ししながら解決
  • 金額:33,000円(税込)×5カ月の分割払い:合計165,000円(税込)
    ※一括払いの場合:162,000円(税込)

詳しい講座内容と流れ

基本は動画を見ながら、手を動かして実践していきます。

  1. レザー用品をリペアしていきますが、まずは黒から始めていきます。黒には配合がないことと、汚れをカバーすることができるためです。最低限3品は黒のリペアを行うことをおすすめしています。
  2. 黒の次はネイビーやブラウンの濃い色のリペアに入っていきます。黒と同じレベルで汚れのカバーがしやすいということが理由です。
  3. 最終的にはピンクやベージュなどの薄い色に入っていきます。汚れのカバーがしにくく、色の配合が難しいため、薄い色は最終的に学んでいきます。

この講座に向いている方

  • 努力を継続できる
  • 能動的に学べる
  • 他者への思いやりがある

この講座に向いていない方

  • 飽きっぽい
  • スマホが苦手で覚える気もない
  • 他責にすることが日常的

上記を見て頂いてお気付きかと思いますが「手先が器用」「ブランド知識が豊富」な方が向いているということではございません。

利益を伸ばしている人の特徴としてはとにかく日々のちょっとした努力を継続できている、という共通点があり、それ以外のスキルはオマケ程度のものです。

趣味ではなく、副業として大きな結果を出したいと希望される方は「時間を作る努力ができる」ということが必要になりますし、その努力ができるとしたら、副業として成り立つ可能性は大きいと考えられます。


三輪先生は思いやりを持ちながら、学んでほしいと考えています。

「Give and Take」の気持ちを持って、いいスキルを習得したらそれをシェアして、困っている人がいたらアドバイスし合って欲しいという想いが込められています。

いかがでしたでしょうか。

三輪先生の想いに共感した方には、まずは無料相談会にご参加を!

まとめ

■講座金額 :5カ月のプログラムの料金

  • 33,000円(税込)×5カ月の分割払い:合計165,000円(税込)
  • 一括払いの場合:162,000円(税込)

講座にご興味をお持ちいただいた方は、まずはみんなの起業大学への無料会員登録と無料相談にご参加ください!


■みんなの起業大学無料会員登録はこちら!
https://www.minnano-kigyodaigaku.com/WTE/reg.cgi?s=1

■ブランドリペア物販説明会の申し込みはこちら!
https://www.minnano-kigyodaigaku.com/wte/prfdtlfrm/67

■LINE公式へのご登録はこちらから!
今ならアマゾンギフト券があたるキャンペーン中!
https://lin.ee/ITNvGul


まだまだ三輪先生の未来への挑戦は続きます。

「来年、不動産投資にもチャレンジしたいと思っています。お金を稼ぎたいというより、お金がお金を産むのが楽しいんです。 」

「幸せって人にどれだけ与えられるかが幸福だと思います。それは、アドラーも言っていて、幸福はどれだけ他人に貢献できるか。 そこを実行する上で余裕があって生まれた心とお金。そんな不安がない状態になれたら、稼いだお金を使って、必要なところに与えていける。見返りを求めないことが大切なんです。」

三輪先生の講座は、ただのリペアビジネスの講座ではありません。

環境について、または真の幸福について考え抜く先生から教わるからこそ、他の転売スクールとは違い、単なる横流しの転売技術だけではなく、仕事をすることによって得られる「豊かな生き方」もみつかるのかもしれません。

学んでいくことで、「豊かな生き方」まで学べる講座であると感じます。

自分の将来のために、一歩踏み出してみませんか。